シレナノフォク

近年の公園事情を知るうえでお役立て下さい。

公園での正しい遊び方について

子供の遊び場と言えば公園ですが、楽しみ方は様々。
楽しむコツを掴んで、今以上に子供が楽しめるようにしてみましょう。

公園は子供にとってのネットワーク?

学校と公園の決定的な違いは、あまり話したことのない人と話せる、という事です。
やはり学校では、同じグループの人だけと固まりがちですよね?
でも公園には不特定多数の人が居ますし、気分も開放的になっており、教室には無い別のきっかけがあります。
だから公園で遊んでいると、普段話さないクラスメートや他のクラスの子と話す機会が増えます。
このような理由から、公園は子供にとって学校とは違う交流の場であり、リアルのネットワークとも言えるのです。
積極的に公園で遊ぶようになるだけで、友達との交流というかけがえのない楽しさを得られるでしょう。

ゲーム感覚で遊具を使う

公園には色々な遊具がありますが、ただそれを使うだけだと子供はすぐに飽きます。
だから遊具を使うなら、何かしらのルールを決めて遊ぶと良いでしょう。
例えばジャングルジムだって、一番先に頂上まで登った人が勝ち、というルールがあった方が面白いです。
こうしたゲーム感覚での遊びを提供するだけでも、子供は独創的な遊び方を発見してくれるでしょう。
とにかく子供は独創性があるので、親はその独創性を発揮するための助言をしてあげましょう。

親は遠目で子供を見ているのが良い?

まだ子供が小さいなら、親も一緒についていく時もあるでしょう。
しかし子供同士で遊ぶ場合、親の目がありすぎると気になってしまうもの。
もし子供と一緒に公園へ行くなら、目の前で監視するような事はやめましょう。
近づきすぎず、なるべく目の見える範囲で子供を見ていれば、子供は自由に遊べるようになるのです。

とにかく公園へ行ってみよう

公園という場所で楽しむ最大のコツは、とにかく公園へ出かける習慣を作ること。
そしてゲーム感覚で遊ばせたり、子供を目の前で監視してがんじがらめにしないことでしょう。
それらのポイントを気に留めるだけでも、後は独創性豊かな子供たちが自然に楽しむコツを見いだしてくれるのです。

Copyright(c) シレナノフォク All Rights Reserved.